アテシの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

フィジオセラピーってご存知ですか?

f:id:macboimtl:20210124024528p:plain


ボンジュール☆

日本では余り知られていない『フィジオセラピー』についてサラッと書いてみたいと思います。

理学療法(りがくりょうほう、英語: physiotherapy、physical therapy)とは身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気療法、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。
Wikipediaより抜粋

実際の治療を受けてみると日本の整体に似ている部分がある感じです。

実はウチらが仲の良い友だちカップルがこのフィジオセラピストでクリニック「インテグラル・パフォーマンス・フィジオ」を経営しています。

クリニックのウェブサイトではフィジオセラピーについて次のように書いています。

At Integral Performance Physio, we believe physical therapy treatments should be holistic as this allows us to treat each individual for their distinctive needs. And since the body functioning of each individual is unique, our assessments include looking at your entire chain of posture, muscle/joint balance, movement mechanics, as well as your daily work and recreational demands. In this way, we ensure that our treatments can not only treat the source of the injury, but also the person as a whole. Through a combination of manual corrective manipulations, injury education, tailored-exercise prescription, and postural rebalancing, we can help you get back to the best version of yourself!

このクリニックでは「フィジオセラピーはホリスティック)」である必要があると考えています。
ここでの『ホリスティック』とは、身体面だけでなく生活習慣や姿勢、筋肉と関節とのバランス・動き方、仕事やレクリエーションなど、患者の生活全般を考慮して、怪我や痛みの原因を見つけ、各患者に最善の治療・予防方法を提供することを意味します。

夫くんの去年の初夏大きな事故で肩を手術してからリハビリにこのクリニックに通っています。

アテシも腰を痛めてから毎週通っています。

やっぱり通っていて実感するのは、『治り方が違う』ところですかね。

クリニックの理念の通り、体全体のバランス、筋肉の動き、そして骨を繋いでいる腱、全てが正しく動いているかを確認しながら治療をしてくれます。

バランスの悪い部分だったり動作がおかしいところは原因や治療法などを詳しく解説してくれます。

そして普通のクリニックとの大きな違いは『宿題』が与えられるところです。

自宅で自分でも軽いリハビリ運動をしないといけません。

これをしっかりとしないと治療が長引いてしまいます。

でもちゃんとしていると面白いように体が変わっていくのを感じられるんです。

こんな話を昼食を食べながら同僚にしたら彼も気になる箇所があったらしく騙されたと思って行ったらしいんです。

今となっては彼もフィジオセラピー様さまだって色んな人に話をしています。

そして彼から他の同僚にも話が入ったらしく、肩こりに悩まされていた彼女もこのクリニックに通い出して数ヶ月。

万年肩凝りで苦しめられていたのが嘘のように良くなったそうです。

今では数ヶ月に1回状況確認でクリニックに行くだけだそうです。

腰痛で悩まされているアテシもしっかりと治療を終わらせたいと思います。


integralperformancephysio.janeapp.com